*

 
親権 離婚
 

af0060020114m

 

愛する人との結婚はとても幸せなことですし、結婚後も幸せな家庭を築いていきたいと感じるものです。

 

そしてお互いに理想の相手とめぐり合えたと思っていても、お付き合いしているときとは違い、実際に暮らしてみると合わない部分も多く出てくることがあります。

 

そういった部分も乗り越えていくことで本当の夫婦となることができるのですが、中にはどうしても我慢できないこともあり、別れてしまうこともあります。

 

 

今は結婚後短期間に別れてしまうということも珍しくなくなっていますが、やはり精神的にもダメージが強いですし、別れるとなると結婚以上に体力や気力も必要となります。

 

 

それゆえに結婚前には本当にこの人と、一生やっていけるのか、離婚しないためにももう一度確認しておきたいところです。

 

 

結婚前にはどちらかに借金がないか、価値観が合わないところはないか、食事の好みや趣味が合うかなど様々な部分をチェックしておき、我慢できない部分があるなら、もう一度良く考えてみたほうが良いかもしれません。

 

 

そして結婚後は親戚とも付き合っていく事となりますから、相手方の家族と気が合わないなどということもストレスとなってしまうものです。

 

 

結婚生活は別れない限り何十年と長く続くこととなりますので、冷静に判断していきたいものです。結婚する時には相手の仕事についてもしっかり確認する必要があります。

 

そこで特にお金の面が心配でしたら正社員であるのか非正規雇用であるのかをしっかり確認します。
この2つは安定性も違いますし、待遇も差がある事がほとんどですので安定感を求めるのなら相手が正社員であるのかを把握しておく必要があるのです。

 

もちろん相手がウソをついたりしている可能性もあるかもしれないので後で確認不足にならないように給料明細を一度見て置く事が必要です。

 

給料明細を見れば収入も分かりますし、正社員であるのかないのかまである程度分かりますので結婚する時はぜひ給料明細をみていく事をお勧めします。
もちろん自分もしっかり正社員として働くのであれば相手の雇用状態にそこまで厳密に自分で確認する必要はありませんが、自分が非正規社員であったり、専業主婦として生活を考えているのなら確認しておいた方が後で困らないです。
また、将来子供が出来る事もありますし、雇用が違うだけでかなり生活に影響してきますので将来の事を考えながら結婚はしていくべきでもあります。
以上のようにどうしても安定した生活を送りたいのであればしっかり雇用にかんして確認するべきだという事です。