バツイチ男との結婚、離婚しないために離婚理由は聞いておきたい

今の時代、いいなと思い、結婚を前提にお付き合いしている男性が、バツイチということも珍しくはないでしょう。

 

未来を誓い合った二人でも、すれ違いや、環境、様々な理由から離婚に至ってしまうことはあります。しかし、やはり自分との結婚では繰り返して欲しくない、ずっと一緒にいたいというのが、女性の正直な気持ちです。そうなると当然気になるのが前の結婚での離婚理由です。

 

勿論、前の奥さんには奥さんの言い分が、彼には彼の言い分があるでしょうから、本当のことはわからないかもしれません。それでも、離婚理由は聞いておくことをお勧めします。

 

それにより、彼の一面がわかるからです。自分も未熟だった、問題があったと素直に反省を交えて離婚理由をはなすのか、それとも、妻が悪かった、俺は悪くない、最悪だったと一方的に非難したり、愚痴を零すのか、これだけでも大切な事がわかります。

 

前者の彼なら、前の結婚や離婚を糧に、あなたとの結婚をより良いものにしようと真摯に向き合ってくれるかもしれませんが、後者の話し方をする彼だった場合は、少し注意が必要になります。

 

結婚も離婚も二人でするもの、少なくとも、結婚しようと決めたのは彼と前の奥さんの二人で決めたはずです。

 

それをいないことをいいことに、前の奥さんに全ての責任を押し付けて、自分の正当性を主張するような男性だった場合、次の結婚でも、自分の正当性を主張し、また奥さんに責任を押し付ける可能性が高いからです。

 

このような男性の場合、本当の離婚理由を知ることはいっそう難しいかもしれませんが、彼の家庭環境や性格、友人関係などを客観的に、冷静に見直して見ることが大事になります。