お金や財産に関すること

何らかの原因で離婚しなければならなくなったとき、重要なのがお金のことです。

 

 

離婚したときには、慰謝料や財産を分与することになります。

 

慰謝料は、離婚の際に、有責の配偶者に対して損害賠償として請求できるお金のことです。

 

分与の方は、夫婦が共同でこれまでに築いてきた資産などを二人で分けて清算するものです。

 

分与は、離婚の原因が相手側にないと請求出来ない慰謝料と違い、結婚生活の中で資産の形成に協力している場合は、自分に離婚の原因があっても請求出来ます。

 

 

資産を分与する対象には次のようなものがあります。

 

まず、住宅などのローンは、結婚前に購入した家でも支払いが結婚した後でも家計からされている場合は、分与の対象となることがあります。

 

他にも実家などから頭金を出してもらってから組んだ場合でも同じです。

 

 

生命保険の場合は、夫が加入しているものは、解約払戻金があるタイプなら分与の対象になります。 解約払戻金額を算定して、1/2ずつ分けます。

 

 

これ以外にも夫の退職金などがあるなら、これも対象になることがあります。 別居期間がある場合は、婚姻後から、別居開始までの期間にあたる退職金です。

 

 

色々な事情があって、離婚のときに分与の請求が出来ない場合でも、離婚から二年以内なら請求することが出来ます。